院長ブログ

長津田皮膚科に関する情報を発信していきます。

休診日や診療時間の変更、季節ごとのスキンケア、院内設備の紹介などを行っていきます。
<< スキンケア 第13回 紫外線対策 〜日焼け止めの塗り方〜 | main |
EBM
 ブログを書く時に心がけているのは、いわゆるEBM。evidence based medicine、根拠に基づいた医療です。参考書、教科書に書いてある内容であっても、その裏付けとなる論文を探し、出典にあたり、妥当性を判断してブログを記載します。
 例えば、ある症状にどのような薬を使うか、頻繁に論文が作られ、その都度「より良い」薬の種類が変わることがあります。そうなりそうな内容のテーマには、( )で論文の出版年や執筆者を加えて、どの時点での評価かを明らかにしております。

 情報番組やインターネットなどにおいて、まことしやかかに言われていることでも実は根拠が無かった、なんてことが結構あります。玉石混交。ご注意ください。

 前回のブログ「スキンケア第13回 紫外線対策 〜日焼け止めの塗り方〜」の中から、「顔全体に外用する場合、0.8〜1gが必要と言われます。例えば、クリームタイプの場合、真珠5〜6粒。ローションタイプでは500円玉程度の大きさを塗る必要があります。これは思ったより多い量だと思います。「塗ると肌がうっすら白くなる」程度の量だと思います。この感じで全身に外用して下さい。」を例に、論文を紹介しながら”根拠”を述べてみます。

 まず、前提として日焼け止めの「適量」はSPFを測定する時に基準が最初から決められています。1cm2当たり2mg、手のひら1枚(100cm2)では200mg、顔全体では概ね800mg〜1000mg(0.8g〜1.0g)となります。これは「塗ってみるとべとつく、白浮きする」ぐらいの量で、人によっては「塗り過ぎた」と思うぐらいの量です。
 
 さて、一般にはどれくらいの量を皆さんは顔に塗っているのでしょう?・・・だいたい適量の1/4以下しか、実際には塗っていないようです(Auiter P, 2001./ Wulf HC, 1997.)。
 この1/4の量ではどれくらい効果があるのか、効果が落ちるのでしょう?・・・SPF50の日焼け止めを1/4しか塗らないと、SPFは2.7に落ちます。つまりSPF50では1/4しか塗らないと、効果も1/18に落ちると思って下さい。SPF15とSPF30を1/4ずつ塗った場合には2.0と2.3にそれぞれ落ちます(Pinnell SR, 2003./ Wulf HC, 1997.)。となると、ふだんの塗り方ではSPF15、30、50とでは大差なく、期待する効果が無いことがわかります。
 このため、日焼け止めは普段の「少ない塗り方」ではなく、製薬会社が予定する本来の「かなり多めの塗り方」を守って、しっかり塗りましょう・・・というお話になります。

 ブログでは皆さんに読んで頂くため、なるべく簡潔&見やすく作っております。細かすぎる数字はなるべく省いていきます。ですが、情報の正確さ(執筆時)を担保するため、引用先や年度が最低限分かるように記載することもあります。ご容赦ください。
| つれづれ日記 | 22:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE